スポンサーリンク
産休・育休

育休延長わざと保育園に落ちる?不承諾通知書で2年まで延長可能

育休期間は、通常は1年となっています。 ただし、条件を満たせば、1年半、または、2年に延長することが可能となっています。 しかし、この条件のためには、保育園に落ちて、不承諾通著書をもらうといったことが必要となります。 その...
社会保険

社会保険料全額会社負担にするのは可能?会社が従業員・役員分負担

社会保険料は、会社と従業員や役員が半額ずつ負担することになっています。 しかし、何らかの事情がある場合に、従業員から天引き徴収せずに、会社が全額負担してあげることはできないのでしょうか。 福利厚生の一環として、会社が社会保険料を...
所得税

所得税通勤手当含む?非課税限度額はいくらか・社会保険料との違い

会社から従業員に給与を支払う際には、社会保険料や所得税などを天引き徴収したうえで、支給することになります。 給与の支払いの際に、3ヶ月分や6ヶ月分の定期代として、交通費も合わせて支給されることが一般的ではないでしょうか。 この場...
スポンサーリンク
所得税

所得税何歳から払う?未成年でも払う必要がある税金とは何か

所得税とは、1年間の収入に対して課される税金となります。 会社員などの給与所得者の場合には、毎月の給与から天引き徴収されることになっています。 この所得税ですが、何歳から払う必要があるのでしょうか。 高校生になると、アルバ...
住民税

住民税延滞金いつから発生する?納期限を過ぎた場合の計算方法は

会社に勤める場合には、住民税は、特別徴収が義務化されており、給与から天引きされることになっています。 しかし、退職して無職の間や、フリーランス・個人事業主として、独立した場合などは、自分自身で住民税を納める必要があります。 その...
住民税

住民税市民税違いは何?同じもの?税金についてわかりやすく解説!

みなさんは、自分自身が、1年間に税金をいくら払っているかご存知でしょうか。 たくさん払っているとは思っていても、普段、税金のことは、あまり意識しないという人も多いかもしれません。 会社に勤めている人の場合は、住民税は、特別徴収が...
住民税

住民税会社負担は実はある?特別徴収・普通徴収の違いや納付の注意点

会社から給与を受け取る際に、社会保険料・雇用保険料・所得税・住民税などいろいろなものが天引きされています。 これらは、従業員から天引き徴収したものを、会社負担分を追加して、会社が代わりに納付していることになります。 社会保険料や...
2021.01.29
社会保険

社会保険料支払日・納付期限はいつ?滞納した場合どうなるのか

社会保険料は、労働者と使用者の折半で納付することになります。 折半とはいえ、従業員が増えれば触れるほど、会社にとっては、大きな負担となります。 経営状況が良くない場合など、何とかならないものかと思ってしまう経営者や経理・事務担当...
産休・育休

育休産休違いをわかりやすく!期間・給付金・条件など制度について

働く女性が妊娠、出産すると、産休と育休を取得することになります。 昔と違い、産休や育休という言葉を耳にする機会も増え、取得もしやすくなってきているようです。 そうは言っても、まだまだ取得率も低く、制度の内容を正しく理解できている...
産休・育休

育休中の会社負担は?社会保険料や給与の支払い不要・助成金受給可能

会社の従業員が妊娠・出産となると、産休を取得し、出産後、育休を取得することになります。 育休は、基本的には1年間、延長した場合には、1年半から2年間となります。 そうすると、その従業員の育休の間、会社の負担はどうなるのでしょうか...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました