0密遊びとは?3密を回避しコロナ自粛の時間を楽しむ新しい生活様式

政策
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

新型コロナウイルスの感染拡大により、人々の暮らしや仕事などが大きく変わってきています。

「この変化はどこまで広がるのか」「収束はいつなのか」「元通りの世界に戻るのか」「それとも後戻りできず新しい社会が始まるのか」現状では、まったくわからない状況です。

これは、大人だけでなく、若者や子どもも同様です。

コロナ禍以前なら、若者は、「みんなでカラオケに行く」「フェスに行く」「SNS映する写真を撮ることができるカフェに行く」などのように、室内の密な環境で遊ぶのが当たり前でした。

しかし、コロナウイルスの感染拡大に伴い、さまざまなイベントの開催が中止され、3密を回避しなければいけなくなり、今までのような遊びができなくなってしまいました。

また、大学もオンラインになってしまったり、アルバイトもできないといった状況となっている中で、若者はどのように過ごしているのでしょうか。

このような状況でも、若い人たちには、どのような中でも楽しもうする、発想力や創造力というものが備わっているようです。

そのため、若者の間では、現在、「0密遊び」というものが流行しつつあるそうです。

そこで、ここでは、0密遊びについて見ていきたいと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

「0密遊び」とは?

コロナウイルスが蔓延する以前に比べ、圧倒的に自分の時間が増えたにもかかわらず、金銭的余裕はないという状態が続いています。

緊急事態宣言による自粛期間中は、サブスクリプションやオンライン飲み会など、暇な時間をやり過ごす方法というものも取り入れられました。

そして、緊急事態宣言が解除され、自粛が解禁されましたが、再び、感染が拡大しており、今までのような生活様式を行うことは困難な状況が続いています。

このような状況下において、若者たちは、お金をかけず、かつ3密を回避しつつ友達と遊ぶ方法を編み出し始めたようです。

これが、0密遊びです。

密閉、密集、密接の3密を回避しながら友達と直接会って遊ぶのであれば、感染のリスクを心配する必要もありませんよね。

 

 

 

 

「0密遊び」にはどのようなものがある?

「遊ぶなら0密」若者が考える新しい"生活様式" | 「脱ゆとり世代」のリアル
「若い世代を中心に感染者が増え、それが上の世代にも広がっている」「若者は重症化しにくいから、コロナを自分事と捉えていない若者が多いのではないか」――。こうした言説がメディアなどで毎日のように取り上げ…

こちらには、いくつか事例が紹介されていますが、それ以外にも、まだまだあります。

随時追記していきたいと思います。

公園での0密遊び

公園などでも距離を保って遊ぶことが可能です。

  • シーソー
  • 糸電話
  • なわ跳び
  • フリスビー
  • バドミントン

上記のような遊びであれば、ソーシャルディスタンスを守りながら、0密で遊ぶことが可能です。

このように、公園など屋外であれば、密にならずに遊べる遊びはたくさんありそうですよね。

しかし、公園などで遊ぶとなると、小中学生までが限界かもしれません。

 

オンラインを工夫する

オンラインでの遊びというと、オンライン飲み会などが流行りましたが、そればかりでは飽きてしまいますよね(^^;

それ以外にも、オンラインを工夫して、非対面で遊ぶことも可能です。

  • 将棋・チェス・囲碁・オセロなど
  • オンラインゲーム
  • 古今東西
  • ボードゲーム

これらは、オンラインでも十分楽しむことができますよね。

 

 

 

 

若者に見習うべき

コロナウイルスの感染者が再度、増加しているにも関わらず、政府は、Go Toトラベルキャンペーンを維持でも続行しようとしています。

これは、明らかに、特定の人が受けられる利権のためだけなのにです。

これらに対して、国民は、自ら自粛をしようとしています。

その中で、一番、社会に反発して、遊びたいはずの子ども、若者が、自粛して、新しい遊びを考えよとしているのです。

これは、大人、政治家も本当に見習わなければいけませんよね。

沖縄や離島に旅行しようとする、自分勝手な大人たちがいる中で、本当に子どもたちの発想の可能性には感服します。

 

タイトルとURLをコピーしました