もっさん

スポンサーリンク
有給

有給休暇比例付与とは?日数の計算方法・パートやアルバイトどうなる

正社員の場合には、基本的に、有給休暇を取得できることになります。 意外に知られていないのですが、パートやアルバイトでも有給休暇は取得できます。 その場合ですが、付与される日数は、正社員の場合と異なり、比例付与というものになります...
社会保険

社会保険料入社月の控除はどうなる?月途中の場合や同月退職の場合

毎月の給料から天引き徴収される社会保険料ですが、この社会保険料には、日割りという概念がありません。 そうすると、月末などに入社した場合でも、1ヶ月分満額支払うことになるのでしょうか。 このような場合には、社会保険料が給与額を上回...
社会保険

社会保険料いくらからかかる?扶養を抜ける金額を知って損をしない!

会社員などであれば、毎月の給料から社会保険料が控除されているかと思います。 総支給額に対して、手取り額が大幅に減ってしまように感じるのは、社会保険料、雇用保険料、所得税などが控除されるためです。 その中でも、社会保険料の控除額は...
スポンサーリンク
雇用保険

雇用保険遡って加入できる?する場合の必要書類や育休手当の受給は

会社で働く人は、条件を満たしている場合には、雇用保険に加入することになります。 正社員であれば、必ず、加入することになりますし、パートやアルバイトでも週20時間以上、31日以上継続して働く場合には、加入条件を満たすことになります。 ...
社会保険

社会保険料計算に交通費は含まれる?標準報酬月額の対象範囲は

会社から給与を支払う際には、電車などで通勤する従業員には、交通費も支給することが一般的となります。 そして、給与からは、社会保険料などを控除する必要があるのですが、この社会保険料を決定するもとになるのが、標準報酬月額というものになりま...
社会保険

社会保険料月の途中退職と月末退職の違いは?控除の仕方はどう変わる

社会保険料は、従業員と会社で折半して納めることになります。 そして、従業員負担分は、会社側が毎月の給与から天引きして徴収することになります。 この給与から天引きする社会保険料には、日割りという概念がありません。 そのため、...
雇用保険

雇用保険入らないとどうなる?失業手当受給できない・事業主の罰則

会社などで働いていて、条件を満たした場合には、雇用保険に入る必要があります。 また、事業主側も、適用事業所であれば、雇用保険に加入させる義務があります。 しかし、このような雇用保険法のきまりがあっても、事業主によっては、届け出を...
2021.01.11
確定申告

確定申告やらないとどうなる?間に合わない・無申告はペナルティあり

個人事業主やフリーランスなど、給与以外の所得を得ている人たちは、会社から年末調整を行ってもらうことができないため、確定申告をする必要があります。 しかし、会社員として勤務している場合にも、確定申告を行う必要がある場合があります。 ...
確定申告

確定申告間違えたらどうなる?期限内なら所得税の訂正申告できるか

仕事などに追われていると、確定申告の時期がギリギリになり、急いで、手続きの準備を進めることも少なくありません。 そんな時に、よく起こりがちなのが、確定申告書の記入ミスや、提出書類の不備だと思います。 しかし、確定申告を間違えたら...
雇用保険

雇用保険会社負担分は?率や金額の計算方法・ツールで簡単に算出!

社会保険料は、会社と労働者で折半することになっています。 そのため、会社と労働者の負担割合は、半分ずつとなります。 これに対して、雇用保険料は、会社と労働者で負担割合が異なります。 さらに、事業の種類によっても、給与に対す...
2021.01.24
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました