雇用保険

スポンサーリンク
雇用保険

雇用保険計算式わかりやすく解説!交通費・端数はどう処理する?

労働者を雇用している場合には、労働保険に加入する必要があります。 この労働保険には、労災保険と雇用保険の2つがあります。 労災保険料については、事業主の負担となるため、労働者は負担する必要がないので、給料から計算する必要はありま...
2020.08.26
雇用保険

雇用保険失業給付額(基本手当)計算式を解説!日額いくらになるか?

会社を退職した場合に受給できる失業給付ですが、いくらくらい受け取ることができるのか、気になるところですよね。 実は、失業給付額の計算式に必要な数値を当てはめれば、自分でも基本手当日額や手当総額を計算することができます。 自分で計...
2020.06.23
雇用保険

雇用保険未加入の個人事業主は違法?対処法や加入条件について詳しく

会社などで働いていれば、基本的に、雇用保険に加入し、雇用保険料を毎月の給料から天引きされることになります。 そして、万が一、退職した際には、今まで支払っていた雇用保険料から、雇用保険の失業給付を受給できることになります。 労働者...
2021.01.11
スポンサーリンク
雇用保険

雇用保険追加給付いくら・いつもらえる?厚労省の毎月勤労統計不正

2019年1月に、厚労省で毎月勤労統計調査というものおいて、不正が発覚した問題で、雇用保険の追加給付が行われました。 「雇用保険に関する大切なお知らせです」といった手紙が突然送られてきた方も多いのではないでしょうか。 原則として...
2020.08.27
雇用保険

雇用保険65歳以上一時金(失業保険)受給可能?高年齢求職者給付金

雇用保険に加入している労働者については、一定の要件を満たしていれば、雇用保険の失業給付が受給できます。 しかし、以前までは、この雇用保険の失業給付の受給は、65歳未満までとなっていました。 2017年の雇用保険法の改正により、6...
2020.08.26
雇用保険

雇用保険65歳以上保険料徴収いつから?高年齢被保険者免除措置終了

2017年の1月1日より、雇用保険法が改正され、これまでは、雇用保険の対象外であった65歳以上の労働者に関しても、雇用保険の加入対象となりました。 この雇用保険法の改正では、経過措置として、65歳以上の高年齢の雇用保険被保険者について...
2020.08.27
雇用保険

雇用保険加入条件65歳以上への適用拡大!高年齢被保険者も対象に

2016年までは、65歳以上の労働者に関しては、新規で雇用保険に加入することができませんでした。 しかし、2017年の1月1日以降より、雇用保険法の改正により、雇用保険の加入条件が、65歳以上の労働者に適用が拡大され、高年齢被保険者も...
2020.08.27
雇用保険

雇用保険失業給付受給で扶養に入れない?基本手当日額によって決まる

夫もしくは妻の扶養内で、仕事をしている場合に退職することになったとします。 もし、扶養内でも、雇用保険に加入していたとすると、退職後は、雇用保険の失業給付を受給することになります。 この場合、扶養に入り続けたままで、失業給付を受...
2020.08.26
雇用保険

雇用保険加入条件役員家族や親族は同居しているかどうかが基準?

世帯主が、法人の代表取締役などの役員である場合に、その家族や親族が世帯主の経営する会社で従業員として、働くということもあります。 このような場合に、その会社で働く、代表取締役の家族や親族というのは、雇用保険に加入することができるのでし...
2020.08.26
雇用保険

雇用保険加入条件役員は?兼務役員雇用実態証明書の書き方・記入例

会社などで労働者として勤務していると、社会保険や雇用保険に加入することになります。 経営者や役員であったとしても、報酬を得ている限りは、社会保険には加入する義務があります。 しかし、役員の場合には、雇用保険に関しては、原則、加入...
2021.01.06
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました