領収証

スポンサーリンク
領収証

領収書送り状書き方・例文は?すぐ使えるテンプレート・ひな形!

商品やサービスに対する支払いを受けた場合には、領収書を発行することになります。 その場で手渡しする場合は良いのですが、振込で入金があったりすると、領収書を郵送する場合もあるかと思います。 そのような場合には、領収書には送り状を添...
領収証

領収書とは?わかりやすく端的に!レシートとの違いや経費精算は

領収書とは何なのでしょうか。 わかりやすく端的に説明するとなると、少し難しいと思う人も多いかもしれません。 イメージしやすいのは、お金を払ったときに受け取り、受け取ったときに渡すものですよね。 そうすると、レシートとは違い...
領収証

領収書数え方単位は何?枚・通・部ビジネスでの正しい使い方について

領収書を数える際には、どのような単位を用いるのが良いのでしょうか。 領収書のように、1つの紙切れを表す単位としては、「枚」「通」「部」などの数え方が考えられます。 発行した領収書を、相手先に送付する際の送付状に、どのように記載す...
スポンサーリンク
領収証

領収書御中か様か会社宛ての敬称正しいのは?特定の相手かどうか

会社宛てに領収書を発行する場合、宛名はどのように書くのが良いのでしょうか。 郵送物や請求書の宛名であれば、会社名の後に「御中」を付けるのが一般的ですよね。 しかし、領収書の場合にも、郵送物などと同じように、会社名に「御中」を付け...
領収証

領収書円マーク¥の意味や由来とは?書き方と書き忘れた場合について

発行された領収書には、手書きのものでも印刷のものでも、円マーク(¥)が金額の前に書かれているのを目にしますよね。 領収書を発行する側も、当たり前に円マークを記入しているかもしれません。 しかし、よく考えると、この円マークは、円と...
領収証

収入印紙領収書振込の場合も必要?不要となるのはどのような時か

領収書を発行することに関して、いろいろな疑問をもたれる人もいるのではないでしょうか。 領収書に必要な記載事項は何なのかなどです。 その中の一つとして、収入印紙に関することです。 金額がいくらになると、収入印紙を貼る必要があ...
領収証

領収書宛名個人名の場合には経費の計上できない?税務調査での判断は

会社の経費でサービスを受けたり、備品を購入した際に、領収書の宛名を「自分の個人名で書いてもらってしまった」という人もいるかもしれません。 本来は、会社名で領収書を発行してもらうべきところを、うっかりしていた場合などもありえますよね。 ...
領収証

レシート保管期間は?法人・個人事業主の領収書は7年間の保存が義務

会社で経費を使うと、レシート・領収書を受け取りますよね。 レシート・領収書は、確定申告の経費計算を行うために使用しますが、1年間分だけでも、非常に大量になると思います。 本来であれば、経費計算を行った後は処分したいのが本音だと思...
領収証

領収書保管期間法人と個人で違う?5年・7年・9年・赤字の場合は

会社では、経費を使用した場合など、領収書を受け取ることがありますよね。 この領収書ですが、決算の際などに、使用しますが、その後は、いつまで保管しておけば良いのでしょうか。 毎年、毎年、たくさんの領収書を受け取っていると、年々、保...
領収証

領収書印紙割印・消印の正しい方法は?間違った場合の対処法について

税抜きで5万円以上の領収書を発行する際には、収入印紙を貼る必要があります。 そして、領収書に収入印紙を貼った際には、印鑑を押す必要があります。 このように、領収書に収入印紙を貼った際に、印鑑を押すことを、消印と言います。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました