社会保険

スポンサーリンク
社会保険

社会保険料全額会社負担にするのは可能?会社が従業員・役員分負担

社会保険料は、会社と従業員や役員が半額ずつ負担することになっています。 しかし、何らかの事情がある場合に、従業員から天引き徴収せずに、会社が全額負担してあげることはできないのでしょうか。 福利厚生の一環として、会社が社会保険料を...
社会保険

社会保険料支払日・納付期限はいつ?滞納した場合どうなるのか

社会保険料は、労働者と使用者の折半で納付することになります。 折半とはいえ、従業員が増えれば触れるほど、会社にとっては、大きな負担となります。 経営状況が良くない場合など、何とかならないものかと思ってしまう経営者や経理・事務担当...
社会保険

社会保険料入社月の控除はどうなる?月途中の場合や同月退職の場合

毎月の給料から天引き徴収される社会保険料ですが、この社会保険料には、日割りという概念がありません。 そうすると、月末などに入社した場合でも、1ヶ月分満額支払うことになるのでしょうか。 このような場合には、社会保険料が給与額を上回...
スポンサーリンク
社会保険

社会保険料いくらからかかる?扶養を抜ける金額を知って損をしない!

会社員などであれば、毎月の給料から社会保険料が控除されているかと思います。 総支給額に対して、手取り額が大幅に減ってしまように感じるのは、社会保険料、雇用保険料、所得税などが控除されるためです。 その中でも、社会保険料の控除額は...
社会保険

社会保険料計算に交通費は含まれる?標準報酬月額の対象範囲は

会社から給与を支払う際には、電車などで通勤する従業員には、交通費も支給することが一般的となります。 そして、給与からは、社会保険料などを控除する必要があるのですが、この社会保険料を決定するもとになるのが、標準報酬月額というものになりま...
社会保険

社会保険料月の途中退職と月末退職の違いは?控除の仕方はどう変わる

社会保険料は、従業員と会社で折半して納めることになります。 そして、従業員負担分は、会社側が毎月の給与から天引きして徴収することになります。 この給与から天引きする社会保険料には、日割りという概念がありません。 そのため、...
社会保険

社会保険料控除上限はないのか・対象は?他の控除は控除額限度あり

社会保険料控除は、国民健康保険や国民年金・厚生年金などの社会保険料を納めた場合に受けることができる控除ですよね。 しかし、生命保険料控除や医療費控除など、他の控除には、控除額に上限があります。 では、社会保険料控除には、上限とい...
社会保険

社会保険料控除証明書とは?確定申告や年末調整で必要になる書類

社会保険料控除証明書とは、確定申告または年末調整で必要になる書類であるため、その時期がくるまでは大切に保管しておく必要があります。 しかし、そもそも、社会保険料控除証明書とは何を証明するための書類なのでしょうか? また、社会保険...
社会保険

社会保険料控除証明書再発行即日できるか?確定申告の際に必要な書類

社会保険料控除証明書は、国民年金保険料などの控除を受けるために必要な書類であり、確定申告の時期がくるまでは、大切に保管しておくことが重要です。 しかし、確定申告の時期に慌てて探しても、なかなか見つからなくて、焦ってしまうこともあるので...
社会保険

標準報酬月額とは?わかりやすく解説!社会保険料の計算・決定のため

毎月の給料からは、社会保険料が天引きされています。 しかし、この天引きされている社会保険料というのは、毎月の給料をもとに計算すると、残業代などで給料が変動するため、非常にややこしくなってしまいます。 そのため、社会保険料の計算の...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました