助成金めんどくさい申請を簡単に行う方法!安心できる代行業者を利用

助成金
この記事は約3分で読めます。

助成金は、雇用保険料を払っており、条件に該当すれば、原則受給可能な返済不要の公的資金です。

そのため、できれば、受給したいところですが、助成金は申請方法が非常に複雑で、めんどくさいです(-_-;)

この申請がめんどくさい助成金ですが、使用用途は自由なので、会社にとっては、非常にプラスになるものです。

そこで、ここでは、助成金のめんどくさい申請を簡単に行うにはどのようにすれば良いのか、といことについて、くわしく見ていきたいと思います。

 

 

 

助成金の申請がめんどくさい理由は?

助成金の申請がめんどくさいのはなぜでしょうか。

まずは、その理由について、見ていきたいと思います。

以下がめんどくさい理由ではないでしょうか。

  • 資料がわかりづらい
  • 申請の課程が複雑

それぞれについて、くわしく見ていきたいと思います。

 

資料がわかりづらい

これは、助成金の申請に関わらず、公的な資料全般に言えるのではないでしょうか。

要項など申請方法に関する資料は、ページ数が膨大であり、書かれている内容や用語が難解なものが多いです。

そのため、普段、助成金に関する仕事に携わっていない素人には、非常にわかりづらいものとなっています。

ですので、いざ、自分で申請しようと思っても、そもそも対象なのかどうかを見極めることすら困難な場合もあり、断念してしまう人も多いかと思います。

そのため、該当しているにも関わらず、申請していない企業が94%もあるというのが現状です。

 

申請の課程が複雑

また、申請の課程が複雑であるというのも、めんどくさい理由となります。

助成金によっては、支給の申請を行うだけでなく、実施前に計画の申請を行わなければいけないものもあります。

また、最終的な支給の申請についても、複数回行う必要のある場合もあります。

このように、助成金の申請は、めんどくさいことが、申請率の低さの原因なのではないでしょうか。

 

 

 

 

助成金の申請を簡単に行う方法!

それでは、めんどくさい助成金の申請を簡単に行うには、どのようにすれば良いのでしょうか。

こんなことを言ってしまうと、身も蓋もありませんが、社労士以外の助成金の素人が、めんどくさい助成金の申請に時間と労力をかけるのは、メリットがありません。

助成金の申請には、以下のメリットがあります。

  • 助成金は返済不要
  • 雇用保険料を納付している事業主は受給可能
  • 条件を満たしていれば確実に受給可能
  • 助成金の使用用途は自由
  • 1社当たり300万円~1500万円受給可能

何もしなければ、この300万円~1500万円のお金は、会社には入ってきません。

しかし、助成金を申請すれば、受給することが可能なのです。

めんどくさいというデメリットはありますが、その手間は、業者に代行することで丸投げできます(^^)

まずは、ご自身の会社がいくら助成金を受給できるのか、無料で診断してみてはいかがでしょうか。

ただし、代行業者には注意が必要です。

不正受給となった場合には、事業主側が罰則を受けることになってしまいます。

 

 

 

手間を省いて助成金を受給しよう!

上記で述べたように、助成金の申請は、非常にめんどくさいです。

時間と労力をかけて、不備があったなどということになると、取り返しがつかないことになります。

確かに、申請代行には手数料はかかります。

しかし、何もしなければ、助成金は受給できないわけなので、手数料は助成金から支払えば問題ないのではないでしょうか。

会社の経営がピンチであったり、設備投資などへの資金を集めたい場合など、借入を考える前に、助成金の申請を考えてはいかがでしょうか(^^)

 

タイトルとURLをコピーしました