助成金とは?返済不要の公的資金を受給して経営に活用!中小企業特化

助成金
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

助成金という言葉を聞いたことのある人は多いかもしれません。

しかし、助成金が具体的にどのようなものなのかというのを、わかりやすく理解しているという人は少ないかもしれません。

また、会社は、どのような場合に、この助成金を受給できるのかというのも、知らない人が多いようです。

そして、この助成金とは、厚生労働省から支給される公的資金であり、受給しても返済は不要となっているものなのです。

そこで、ここでは、助成金とはどのようなものなのか、どのように受給するのか、また、返済は不要なのかということについて、くわしく見ていきたいと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

助成金とは?返済不要の公的資金?

助成金とは、会社が働きやすい環境を整えるのを支援するために、厚生労働省が支給する公的資金のことです。

そして、会社は、この助成金を受給した場合でも、返済する必要はありません。

なぜ、助成金は返済しなくて良いのかというと、助成金は雇用保険料や国税・地方税が原資になっているためです。

ですので、会社を退職した際に、離職者がこれまでに支払った雇用保険から失業保険からを受給するのと同様に、雇用保険料を納めている会社は、助成金を受ける権利を持っていることになります。

雇用保険料を納めている会社は助成金の受給資格がある
助成金は返済不要

このようなものにも関わらず、助成金を受給する資格のある会社のうち、94%は申請をしていないというのが現実だそうです。

また、助成金は、採択率があるわけではないので、条件さえ揃っていれば原則受給することが可能なのです。

それでは、どのようにすれば、助成金を受給できるのでしょうか。

 

 

 

 

 

助成金を受給するためには?

このように、返済不要であり、条件さえ満たせば、どの会社でも受給できるという助成金ですが、どのようにすれば受給できるのでしょうか。

ややこしい手続きや書類があって、受給するのはハードルが高いと思っている人も多いのではないでしょうか。

また、申請の代行をお願いすると、高額な手数料を取られるのではないかと思っている人も多いかと思います。

確かに、手数料は取られるかもしれませんが、もともと、何もしなければ受給できないものとなります。

そう考えると、いくらか引かれたとしても、残りの分が受給できればラッキーですよね(^^)

しかし、できれば、引かれる手数料が低いところで、信頼できる申請代行業者が良いでしょう。

この助成金ですが、受給額はなんと、1社平均300万円、最大で1500万円となります。

これだけの金額が受給できれば、経営に関する不安も軽減されるのではないでしょうか。

 

 

まずは、助成金が受給できるか、無料相談を!

このように、助成金というのは、返済不要であり、雇用保険料を納めている会社であれば、基本的に受給することが可能です。

しかし、助成金の申請には、事前の準備が必要となります。

中小企業など、専門のスタッフがいない場合には、申請に時間を割くことが困難となります。

そこで、まずは、ご自身の会社で助成金の受給が可能かどうか、無料で相談してみてはいかがでしょうか(^^)

タイトルとURLをコピーしました